エイブル・アート展 11月23日から25日、難波神社で


 障がいのある人をはじめ、さまざまな人たちが交流するイベント「ひと・アート・まち」が開催されます。自由に表現する「エイブル・アート展」が11月23日(祝・金)から25日(日)まで、大阪・中央区南船場の難波神社で。25日は野菜、フードなどの「やおよろずマルシェ」、ちんどんチームなどの「パフォーマンス・ワークショップ」も展開されます。【→詳細は本文】


 

 「ひと・アート・まち」は、人間の可能性に挑戦し、つながりをとりもどす市民芸術運動である「エイブル・アート・ムーブメント」に共感した近畿ろうきんが2000年にスタートさせ、毎年近畿2府4県で巡回開催しています。メセナアワード2006」(企業メセナ協議会主催)で、文化庁長官賞を受賞しました。

 今年は、大阪の難波神社の境内を中心に開催されます。
 11月25日(日)は、大阪マラソンが予定されています。時間によっては、御堂筋が通行止になるため、事前の情報収集をおすすめします。

《エイブル・アート近畿2018「ひと・アート・まち」@大阪》
●企画内容=
▽エイブル・アート展:11月23日(祝・金)〜25日(日)10:00〜17:00(25日は16:00終了)。難波神社集会室で。
▽やおよろずマルシェ:11月25日(日)10:00〜16:00。難波神社境内で。
▽パフォーマンス・ワークショップ:11月25日(日)10:00〜16:00。難波神社境内で。
●場所=難波神社(大阪市中央区博労町4丁目1の3、06−6251−5110http://www.nanba-jinja.or.jp)。
[地図]
●アクセス=大阪メトロ「本町」駅下車、13番出口から南に徒歩5分。▽大阪メトロ「心斎橋」駅下車、3番出口から北に徒歩5分。
●入場料=無料。
●ホームページ=http://tanpoponoye.org/news/general/2018/10/00338263/
●主催=近畿労働金庫。
●企画・運営=一般財団法人たんぽぽの家。
●後援=大阪府、大阪市、大阪市教育委員会 ほか。
●問い合わせ=エイブル・アート近畿事務局
奈良市六条西3の25の4 一般財団法人たんぽぽの家(担当:岡部)。
メール、 ableart@popo.or.jp
電話、 0742−43−7055