絵本『あかんくない』出版 ダウン症の息子の想い描いて


 ダウン症の「あっくん」の運動会をお話にした絵本『あかんくない』がぶどう社から発売されます。なにかにつけてゆっくりなあっくん。そんなあっくんの運動会の、友だちとのふれ合いやあっくんの想いが、暖かいタッチで描かれています。作者はあっくんのお母さん、みきの穂なみさん。発売は2018年10月25日。予約・購入は主な書店、Amazonなどで。【→詳細は本文】


 

 書名の『あかんくない』とは、関西弁で「あかんことはない」の意。つまり、「だめじゃないよ」という意味です。絵本には、丸顔でめがねをかけた優しい笑顔の小学生のあっくんが登場します。

 あっくんは「ゆっくり」な男の子。みんなが並んでいても、気になることがたくさんあって、ついきょろきょろ、うろうろ。
 「あっくん、はやくしないと あかん」
 「そっちいったら あかん」
 「あかん、あかん」といつも言われてしまいます。
 もうすぐ運動会。みんなと同じようにできないあっくんですが、かけっこの練習が始まります…。

 この本には、あっくんが「ダウン症」であることが書かれていません。障がいのない子ども達の中にもいろいろな子どもがいるように、ダウン症のある子ども達の中にも「あっくん」とは違って走るのが速く、決して「ゆっくり」ではない子どもも多くいます。

 「『特定の障がいについて知ってもらう』ための絵本ではなく、みんなそれぞれに持っている共通した思いを込められないか、障がいのある、ないを越えて広くメッセージを届けられないか、と思いました。ダウン症があってもなくても、いろんな枠を越えて、この絵本が大切なあなたのともだちになってくれたら…そんな思いでいます」と、作者のみきのさんはコメントしています。

 文を書いた、みきの穂なみさんは、大阪府生まれ。九州宮崎のテレビ局アナウンサーを経て、高校や大学で話し方(発声・発音)を講義。子ども達にも読み聞かせや、声と言葉のワークショップを行っています。「あっくん」の子育て真っ最中のおかあさんです。

 絵を描いた、いなとめまきこさんは、静岡県生まれ、奈良県在住。フリーランスのイラストレーターで、水彩画を中心に、絵本や雑誌の挿絵、カレンダーを制作。展覧会でも自身の絵を発表しています。

●書籍名=『あかんくない』。
●初版=2018年10月25日。
●価格=1500円(税別)。
●判型=大型版、32ページ。
●発行所=ぶどう社。
●予約・購入=全国の主な書店、Amazonなどで。