「バリアフリーダンス」 大阪住之江区でも開講


 今年4月に奈良に開講したキジママナカさんが講師をつとめる「バリアフリーダンス教室」。大阪住之江区の「はやみ甲ダンスカンパニー」で行われる木曜夜のクラスにも、ダウン症、自閉症など障がいのある子どもから大人までが参加できます。問い合わせは、メール manakakijima@shamaimart.com で。【→詳細は本文】


 

 今年4月に奈良でスタートした、障がいのある人もない人も一緒にダンスを楽しめる「バリアフリーダンス」。
講師は、去年、奈良市で開催された全国障害者芸術文化祭なら大会で、創作音楽劇『鳥の宗教』のダンス振付を担当したキジママナカさん。
 キジマさんは、3歳から踊りを学び始め、ニューヨークやイスラエルに留学。特に、イスラエルで障がいのある人とのコンタクト・インプロビゼーション(相手の動きを感じ取りながら、即興で踊っていくダンス)を学んで、帰国後は放課後等デイサービスでケアスタッフとしても経験を積んでいます。

 大阪では、毎週木曜19時20分から住之江区北加賀屋の「はやみ甲ダンスカンパニー」で行われるクラスに、ダウン症、自閉症など障がいのある子どもから大人までが参加できます。
 体験2回は無料。入会金5000円。4回チケット(無期限)6910円です。
 キジマさんは、「スタジオの隅で座って動かなくても大丈夫。のんびりと楽しい空間だということを感じてほしい」とコメントしています。
 問い合わせは、メール manakakijima@shamaimart.com で。
 詳しくはホームページ https://www.barrierfreedance.com/osaka 参照。

なお、奈良のレッスンは、2コースあります(日程など変更の場合あり、要確認)。
 ▽A 3歳から6歳のクラス 第1・3日曜。
 ▽B 6歳以上のクラス 第2・4日曜。