実践講座「思春期の発達障がい」 1月20日、新神戸で


 実践講座「思春期発達障害の基礎理解と教育的支援」が1月20日(土)13時30分から、新神戸の神戸芸術センターで開催されます。テーマは中高生への具体的な関わり方のヒントから、心のケアのあり方まで。講師は、大阪教育大の竹田契一名誉教授と、大阪医科大の金泰子医師。参加無料。申し込みはサイト https://olympia.doorkeeper.jp/events/66269 から。問い合わせは、光朔会オリンピア 電話 078−671−7065

 。【→詳細は本文】


 

 文部科学省の調査によると、日本では6.5%の児童・生徒に発達障害の可能性があるとされています。
 20年目を迎える今回の「発達障害理解のための基礎と実践講座」は、教育の現場や家庭から多くの悩みが寄せられている「思春期の発達障害」をテーマに取り上げます。

《第20回 発達障害理解のための基礎と実践講座「思春期発達障害の基礎理解と教育的支援」》
●プログラム=
▽「コミュニケーションが苦手な中高生の基礎的理解と関わり方〜思春期自閉スペクトラム症を中心に〜」講師:竹田契一さん(大阪教育大学名誉教授、大阪医科大学LDセンター顧問)。
▽「思春期の中高生への心のケア」講師:金泰子さん(大阪医科大学小児科医師)。
●日時=2018年1月20日(土)13:30〜16:30。(13:00開場)。
●場所=神戸芸術センター「芸術劇場」(神戸市中央区熊内橋通7の11の13、電話 078−241−7477 http://art-center.jp/kobe/access/index.html
[地図]
●アクセス=新幹線、地下鉄「新神戸」下車、徒歩4分。▽JR神戸線、阪急、阪神、地下鉄、ポートライナー「三宮」駅下車、徒歩15分。▽阪急「春日野道」駅下車、徒歩13分。
●主催=国際ロータリー第2680 地区 社会奉仕委員会。
●主幹=神戸西ロータリークラブ。
●後援=兵庫県・兵庫県教育委員会・神戸市・神戸市教育委員会。
●参加費=無料。
●申し込みサイト= https://olympia.doorkeeper.jp/events/66269
●問い合わせ=社会福祉法人光朔会オリンピア 電話 078−671−7065



。