日本ダウン症療育研究会 ホームページを開設


 日本ダウン症療育研究会がホームページを開設しました。研究会の予定や、ダウン症児赤ちゃん体操の養成講座の予定が掲載されています。また、入会の申し込み手続きがフォームでできるようになりました。URLは、http://plaza.umin.ac.jp/~JSCRD/index.html 。 【→詳細は本文】

 

 「ダウン症赤ちゃん体操教室」が、1976年、当時の兵庫県立塚口病院に藤田弘子医師によって開設されました。この取り組みが関西を中心に各地に広がるのにあわせて、ダウン症児出生後の告知から家族への支援・育児相談、合併症の治療と予防、そしてよりよい療育の方法・教育相談など、ダウン症児へのトータルケアを研究・実践するため、2006年に「ダウン症療育研究会」が設立されました。
 2010年には、日本ダウン症療育研究会と改称。2011年に、第10回となる研究会を初めて東京で開催。2017年2月には、仙台で第22回研究会を開催しました。
 医師、看護師、保育士、理学療法士、言語聴覚士、作業療法士、臨床心理士、社会福祉士、教師など多くの専門家とともに、ダウン症児の保護者も参加する研究会として活動を続けています。

●問い合わせフォーム=http://plaza.umin.ac.jp/~JSCRD/cgi-bin/contact/contact.cgi で。

●日本ダウン症療育研究会ホームページ= http://plaza.umin.ac.jp/~JSCRD/index.html