【リンク集】新出生前検査(NIPT)関連の報道まとめ


 新しい出生前検査(NIPT)の関連記事を集めました。読売新聞が2012年8月29日付朝刊1面トップで、「胎児がダウン症かどうか99%以上の精度でわかる」と報じて以降の動きをまとめています。【→詳細は本文】

 

 上にあるほうが新しい記事になるように並べました。(編集部 2013.10.05)

《全国の新聞 関連社説リンク集》
「新聞各社が社説で論評 新出生前診断」
《投稿集 読者から多くの声》
「新しい出生前診断に思う」(2012年9月、10月まとめ)

《新しい出生前診断関連ニュース》

《2017年10月》
【参照記事】「新出生前検査が89施設に 水戸済生会病院を追加」(2017年10月17日)

《2017年7月》
【参照記事】「確定診断の94%が中絶 新出生前検査4年」(2017年7月16日)

《2017年5月》
【参照記事】「新出生前検査が85施設に 豊橋と東京の2病院を追加」(2017年5月30日)

《2017年4月》
【参照記事】新出生前検査が83施設に 京都と埼玉の2病院を追加(2017年4月25日)

《2017年3月》
【参照記事】「新出生前検査が81施設に 国立病院機構甲府病院を追加」(2017年3月22日)
【参照記事】「新出生前検査が80施設に 大分大病院を抹消」(2017年3月22日)

《2016年12月》
【参照記事】「新出生前検査 導入3年半で3万7000人が受診」(2016年12月16日)
【参照記事】「3医師懲戒処分 新出生前検査を無認定で実施」(2016年12月11日)
【参照記事】「新出生前検査79施設に 榊原記念病院も」(2016年12月9日)
【参照記事】「新出生前検査78施設に 富山大病院も」(2016年12月2日)

《2016年11月》
【参照記事】「新出生前検査が77施設に 東邦大佐倉病院も認可」(2016年11月8日)
【参照記事】「新出生前検査 認定外施設の実施に中止求める声明」(2016年11月3日)

《2016年10月》
【参照記事】「新出生前検査76施設に 日赤和歌山と独協医大病院も」(2016年10月25日)

《2016年9月》
【参照記事】「新出生前検査が74施設に 東京医大病院、杏林大病院、福岡市立子ども病院も」(2016年9月6日)

《2016年7月》
【参照記事】「確定診断の94%が中絶 新出生前検査3年で 朝日新聞報道」(2016年7月16日)
【参照記事】「新出生前検査が71施設に 秋田大病院も認可」(2016年7月5日)

《2016年6月》
【参照記事】「新出生前検査が70施設に 山梨県立中央病院も認可」(2016年6月8日)

《2016年4月》
【参照記事】2万8000人が新型出生前検査 確定診断の8割中絶(2016年4月25日)
【参照記事】「シーケノム社『全染色体の異常を検査』 読売新聞報道」(2016年4月8日)

《2016年2月》
【参照記事】「新型出生前検査 他の疾患には対象広げず」(2016年2月27日)

《2015年11月》
【参照記事】「『障がい児出産減らせないか』 発言の教育委員辞意」(2015年11月21日)

《2015年6月》
【参照記事】「新出生前検査2年目は1万人が受診 羊水検査は最多に」(2015年6月26日)

《2015年4月》
【参照記事】「67人が人工中絶 新出生前診断開始から1年半」(2015年4月10日)
【参照記事】「ターナー症候群などに拡大の声 新出生前診断」(2015年4月9日)

《2015年3月》
【参照記事】「ダウン症協会が声明と要望 着床前スクリーニング」(2015年3月21日)

《2015年2月》
【参照記事】「着床前スクリーニング  日産婦が公開シンポ」(2015年2月7日)

《2014年12月》
【参照記事】「着床前スクリーニング 臨床研究で300人実施へ」(2014年12月13日)

《2014年11月》
【参照記事】「着床前スクリーニング 学会倫理委が臨床研究案を了承」(2014年11月25日)

《2014年8月》
【参照記事】「代理出産のタイ女性 『ダウン症の赤ちゃん私が育てる』」(2014年8月6日)

《2014年6月》
【参照記事】「新型出生前検査 1年で偽陽性13例、確定の97%が中絶:遺伝カウンセリング学会学術集会で公表」(2014年6月27日)
【参照記事】「新型出生前検査、妊婦9.1%に高ストレス、名市大調査 日経報道」(2014年6月21日)
【参照記事】「新型出生前検査だけで2人が中絶 確定診断受けず 読売新聞など報道」(2014年6月5日)
【参照記事】「羊水検査結果誤って伝える 函館の産科院長に賠償判決」(2014年6月5日)

《2014年5月》
【参照記事】「新型出生前検査の検査項目、拡大する米国 朝日新聞が報道」(2014年5月31日)

《2014年4月》
【参照記事】「『カウンセリング充分でない』新出生前検査の医師ら NHK『クローズアップ現代』報道」(2014年4月28日)
【参照記事】「「妊婦は知識不十分」6割 新出生前検査カウンセリング医ら」(2014年4月19日)
【参照記事】「ダウン症児が15年で倍増、中絶も増加 横浜市大が分析 朝日新聞報道」(2014年4月19日)
【参照記事】「『高齢妊娠』理由が9割 新出生前検査開始1年」(2014年4月19日)
【参照記事】「新出生前検査開始から1年 7775人実施で陽性141人」(2014年4月18日)

《2014年3月》
【参照記事】「新出生前検査か41施設に 北里大病院も参加」(2014年3月27日)

《2014年2月》
【参照記事】「『生まれてこないほうがいい命なんてない』 鹿児島の岩元綾さん新刊」(2014年2月20日)

《2014年1月》
【参照記事】「中国企業の新出生前診断中止 NHKが報道」(2014年1月22日)

《2013年12月》
【参照記事】「中国の出生前検査会社が日本進出 格安を宣伝 読売などが報道」(2013年12月16日)

《2013年11月》
【参照記事】「新出生前検査から半年 確定診断後98%中絶、疑陽性6人」(2013年11月22日)
【参照記事】「悩む母親にメッセージを 11月15日までぽかぽか広場が募る」(2013年11月15日)
【参照記事】「慶大が検査の精度を調査へ 読売新聞報道/新出生前診断実施は31施設に」(2013年11月2日)
【参照記事】「ブライアン・スコットコー医師講演会 11月24日に聖路加看護大で」(2013年11月1日)
【参照記事】「悩む母親にメッセージを 育児サークルぽかぽか広場が募る」(2013年11月1日)

《2013年10月》
【参照記事】「新出生前診断、海外の動きをルポ 読売新聞が連載」(2013年10月30日)
【参照記事】「低価格の出生前診断、昭和大など計画 朝日新聞が報道」(2013年10月3日)

《2013年8月》
【参照記事】「竹岡紀子さん・隅野由子さん原画展 きょう9月22日まで西宮で」(2013年9月22日)

《2013年7月》
【参照記事】「新出生前診断が26施設に 聖路加は別検査法導入」(2013年7月25日)
【参照記事】「新出生前診断、24施設に 大阪府立母子センターも開始」(2013年7月19日)
【参照記事】「新出生前診断 3か月で1534人受診、「偽陽性」2人」(2013年7月17日)
【参照記事】「新出生前診断 全国で約1500人が受診」(2013年7月16日)
【参照記事】「シーケノム社 日本に検査分析拠点整備へ」(2013年7月16日)
【参照記事】「新出生前診断に「賛成」48% 羊水検査10年前の2倍に」(2013年7月2日)

《2013年5月》
【参照記事】「羊水検査の結果逆に伝える 両親が医師を提訴」(2013年5月20日)
【参照記事】「新出生前診断、神戸大など6施設も 21施設に」(2013年5月7日)

《2013年4月》
【参照記事】「新出生前検査を考える 4月29日クレオ大阪中央で」(2013年4月29日)
【参照記事】「8病院で約280組が新出生前検査 朝日新聞が報道」(2013年4月28日)

《2013年3月》
【参照記事】「『診断格安で』勧誘のはがき 学会は『指針守って』」(2013年3月30日)
【参照記事】「新出生前診断 4月1日全国15施設で開始へ」(2013年3月29日) 
【参照記事】「市民の関心も集め 『世界ダウン症の日写真展2013』閉幕」(2013年3月24日)
【参照記事】「出生前診断テーマに 3月22日のMBSラジオ」(2013年3月22日)
【参照記事】「3月は「ダウン症啓発月間」 JDSが今年から広報活動」(2013年3月21日)
【参照記事】「新出生前診断 実施準備の13医療機関を公表」(2013年3月13日) 
【参照記事】「新出生前診断 厚労相が「学会指針尊重を」(2013年3月12日) 
【参照記事】「新型出生前診断 半年に及んだ日本での議論」(2013年3月9日) 
【参照記事】「『これは骨格。議論の継続を』 ダウン症協会の玉井理事長」(2013年3月9日) 
【参照記事】「新出生前診断4月実施へ 施設は日本医学会が認定」(2013年3月9日) 

《2013年2月》
【参照記事】「ダウン症協会『商業的な動きに強い憤り』」(2013年2月21日) 
【参照記事】「新出生前診断 『渡米で採血』民間業者があっせん」(2013年2月21日) 
【参照記事】「新出生前診断を考えるシンポ ダウン症療育研究会で」(2013年2月9日) 

《2013年1月》
【参照記事】「新出生前診断の実施指針に ダウン症協会が要望書」(2013年1月31日) 
【参照記事】「新出生前診断の条件緩和を要望 産婦人科医会」(2013年1月21日) 

《2012年12月》
【参照記事】「12月15日にも新出生前診断の指針公表 毎日新聞などが報道」(2012年12月13日) 
【参照記事】「新出生前診断指針 1月21日17時まで意見募集」(2012年12月17日) 
【参照記事】「ダウン症協会が『意見表明』 日産婦の新出生前診断指針案に」(2012年12月17日) 
【参照記事】「新出生前診断の指針案 『難産』どう乗り越えるか」(2012年12月16日) 
【参照記事】「ダウン症協会は17日にコメント 日産婦の指針案に」(2012年12月15日) 
【参照記事】「新出生前診断の実施は3月以降に 日産婦が会見」(2012年12月15日) 
【参照記事】「岩元綾さん出生前診断を語る 12月7日『ラジオ深夜便』で」(2012年12月7日) 

《2012年11月》
【参照記事】「『議論は平行線』 新出生前診断シンポを各紙解説」(2012年11月14日) 
【参照記事】「新出生前診断の公開シンポ 適切なカウンセリングなど議論」(2012年11月13日) 
【参照記事】「出生前診断で報道機関に申し入れ JDS」(2012年11月12日)

《2012年10月》
【参照記事】「新診断『実施は11月13日のシンポ以降に』 産科婦人科学会」(2012年10月5日) 
【参照記事】「『出生前診断』リンクボタン JDS日本ダウン症協会がHPに」(2012年10月4日) 
【参照記事】「新出生前診断、12月にも指針 産婦人科学会検討委」(2012年10月3日) 
【参照記事】「新しい『出生前診断』 イラストなどで解説(2012年10月2日) 

《2012年9月》
【参照記事】「新しい出生前診断 読者から多くの声」(2012年9月21日) 
【参照記事】「岩元綾さん『いらない命はない』 南日本新聞」(2012年9月19日) 
【参照記事】「新診断、導入めざす兵庫医大 神戸新聞がルポ」(2012年9月18日) 
【参照記事】「NHKスペシャル『出生前診断 そのとき夫婦は』 9月16日放送」(2012年9月15日) 
【参照記事】「新出生前診断 NHK『深読み』で議論」(2012年9月15日) 
【参照記事】「選択した母親の思い 朝日新聞生活面が掲載」(2012年9月14日) 
【参照記事】「新診断  『女性セブン』など雑誌メディアも注目」(2012年9月13日) 
【参照記事】「出生前診断 さらに3社が参入を検討」(2012年9月6日) 
【参照記事】「海外の出生前診断の現状 毎日新聞が掲載」(2012年9月5日) 
【参照記事】「TBSラジオで議論 玉井JDS理事長ら」(2012年9月5日) 
【参照記事】「東尾理子さんの心境 読売新聞に続き毎日新聞も掲載」(2012年9月4日) 
【参照記事】「『妊娠中のみなさんへ』 ダウン症協会がメッセージ」(2012年9月2日) 
【参照記事】「JDS玉井理事長がメッセージ 新出生前検査の議論に」(2012年9月1日) 
【参照記事】「指針策定や法整備も 日本産科婦人科学会」(2012年9月1日) 
【参照記事】「新出生前診断に8割が肯定的 医師のネット調査」(2012年9月7日) 

《2012年8月》
【参照記事】「研究組織に兵庫医大など12医療機関 新出生前検査」(2012年8月31日) 
【参照記事】「『国よりも学会がルール作りを』 小宮山厚労相」(2012年8月31日) 
【参照記事】「新出生前診断で要望書 JDS日本ダウン症協会」(2012年8月30日) 
【参照記事】「『ダウン症の子否定する社会にならぬよう』 JDS玉井理事長」(2012年8月29日) 
【参照記事】「妊婦の血液でダウン症99%診断 来月にも国内で導入 読売新聞報道」(2012年8月29日)