大阪医大の無料Web講演会 11月27日まで受付

大阪医科大学ではLDセンターの創立20周年を記念して「教育の未来にむかって~教育でのICT活用~」をテーマに無料Web講演会を行います。配信日時は2020年11月29日(日)10時~12月6日(日)18時。参加費は無料。定員500人。申込み締切りは11月27日(金)13時まで。申込みはLDセンターホームページhttps://www.osaka-med.ac.jp/deps/ldc/lecture_info.htmlからpeatixp(イベント管理システム)を通して申込み。【→詳細は本文】

オンライン交流会 JDS大阪支部が12月19日

 日本ダウン症協会(JDS)大阪支部が、オンライン交流会を開催します。コロナ禍で多くのイベント開催が困難な状況の中、支部と会員の交流を目的にした、大阪支部会員限定の交流会です。12月19日(土)、19時から、Zoomで開催。参加費は無料ですが、事前申し込みが必要です。申し込みは会員宛に送付したお知らせのQRコードか、大阪支部のホームページから。申し込み締め切りは12月12日(土)。【→詳細は本文】

コロナに負けない歌動画プロジェクト 50人超える参加

 JDS奈良北支部が募集していた「コロナに負けない歌プロジェクト」に寄せられた画像が、YouTubeとFaceBookで配信開始。50人を超える参加者がメッセージを歌に託しています。動画はhttps://youtu.be/rhpXm6yLAEgなどで配信中。【→詳細は本文】

【リンク集】新出生前検査(NIPT)関連の報道まとめ

新しい出生前検査(NIPT)の関連記事を集めました。読売新聞が2012年8月29日付朝刊1面トップで、「胎児がダウン症かどうか99%以上の精度でわかる」と報じて以降の動きをまとめています。【→詳細は本文】

新型コロナウイルス感染症に関するアンケート

日本ダウン症協会 大阪支部では、ダウン症のある方を対象にコロナウィルス感染症の影響による、生活に関するアンケートを実施し、今後の対応に生かせるよう取り組みます。 アンケートのURLはこちらhttps://forms.gle/JbW8A2MLVi9YMN2o9【→詳細は本文】

NIPT無認可施設が54か所 厚労省がアンケート調査

 新型出生前診断(NIPT)を、日本医学会の認可を受けずに検査をしている無認可施設が少なくとも全国で54か所あることが分かったと、7月21日、各メディアが伝えました。うち24施設が美容外科や美容皮膚科系でした。【→詳細は本文】

水玉ダンスフェス At-Kyotoが配信中

 これまで7年に渡り「バディウォーク@京都」を開催してきたAt-Kyotoが、今年度は新型コロナウィルスの感染を防ぐため、参加アーティストやスタッフの人数を最小限に絞り、ライブ配信イベントとして「水玉ダンスフェスティバル」を2020年10月4日(日)に開催しました。そのイベントの模様が、YouTubeで公開されています。アクセスは https://youtu.be/LPqo8edAyN8。どなたでも無料で視聴出来ます。【→詳細は本文】

【編集部】みなさんの情報をお寄せください

 編集部では、ダウン症の情報を中心に、知的障がい、発達障がいなどに関する情報を集めて、掲載していきたいと考えています。どんな情報でも、 [情報提供フォーム] からお寄せ下さい。【→詳細は本文】

書籍『アトリエインカーブ物語』 文庫本に

 知的障がいのあるアーティストと、サポートするデザイナーのスタッフが協働する工房工房はどのように誕生したのか。20年の軌跡を綴った『アトリエ インカーブ物語 アートと福祉で社会を動かす』が文庫版(河出文庫)となり2020年7月7日から発売中。著者は工房を率いるクリエイティブディレクターの今中博之さん。購入はAmazon、[特設Webサイト]、全国の書店などで。【→詳細は本文】

日産婦がNIPTの新指針発表も 2日後に運用見送り

日本産科婦人科学会(日産婦)は6月20日、新型出生前診断(NIPT)について、小規模な医療機関でも受けられるように指針改定を発表したものの、厚生労働省がNIPTのあり方を議論する検討会を設置する方針を決めたため、6月22日、この新指針の運用を見送ると発表しました。【→詳細は本文】

日本ダウン症療育研究会 ホームページを開設

 日本ダウン症療育研究会がホームページを開設しました。研究会の予定や、ダウン症児赤ちゃん体操の養成講座の予定が掲載されています。また、入会の申し込み手続きがフォームでできるようになりました。URLは、http://plaza.umin.ac.jp/~JSCRD/index.html 。 【→詳細は本文】

「施設の事故無くしたい」 息子失った母の思い

 2016年11月に堺市の日中一時支援施設でおきた誤嚥事故で、1歳9ヶ月のダウン症の男児が亡くなりました。母親の美砂子さん(40)は、「全国障がい児者施設の事故ゼロをめざす会」を立ち上げました。国に安全確保のガイドラインの制定などを呼びかけることにしていて、「全国の遺族らとつながり情報交換したい」と話しています。【→詳細は本文】

出生前検査 2016年には約7万件

 出生前検査が、2016年には約7万件行われたと推計され、35歳以上の高年齢妊婦に限れば4分の1が受けている計算になる、と12月28日の毎日新聞が伝えました。普及が急速に進んでいる実態が浮かび上がっていると指摘しています。【→詳細は本文】

『世界ダウン症の日写真展』 盛況のうちに閉幕

大阪・西区の大阪市立中央図書館で行われていた『世界ダウン症の日写真展in大阪2019』が、4月3日午後、閉幕しました。会期中、93点の応募写真が展示され、多くの関係者や市民が来場しました。3月21日に行われた「ダウン症の日フェスタ」は、約600人の来場者で賑わいました。【→詳細は本文】

ダウン症の日フェスタ 約600人が来場

 世界ダウン症の日の3月21日(木・祝)、大阪・西長堀の大阪市立中央図書館ホールで「ダウン症の日フェスタ」が開催されました。5階会場では講演会やファッションショー、ワークショップ、相談コーナーなどが設けられ、約600人の来場者で賑わいました。【→詳細は本文】 。【→詳細は本文】

 

 

イラストで予防法

2020-04-05

 

公開延期『わたしはダフネ』

2020-06-06

 

ワントライブ1周年

2019-12-22

 

JDS奈良北支部10周年

2020-03-31

 

アトリエインカーブが募集

2020-08-09

 

JDS大阪支部秋の勉強会

2019-09-01

 

JDS大阪支部秋の勉強会

2019-09-01