金澤翔子さんの席上揮毫 京都・綾部や三重・伊勢で

4月15日(日)14時~京都府中丹文化会館で金澤翔子さんの席上揮毫と母泰子さんの講演会が、14日(土)~28日(土)には三重県・猿田彦神社で金澤翔子展、22(日)に席上揮毫が行われます。案内サイトはhttp://www.k-shoko.org/schedule/2018/04/。【→詳細は本文】

「ことば」と「見る力」 4月28日、大阪医大で講演会

4月28日(土)、大阪医科大学で2つの講演会が開かれます。「幼児期のことばを育てる関わり〜療育や家庭での取り組みのヒント〜」が10時から、「発達障害の子どもにみられる『見る力』の問題とその指導 基礎編」が13時30分から。参加費は各3000円。締切りは4月18日(水)。申込みはFAXで。大阪医大LDセンター電話・FAX072−684−6236まで。【→詳細は本文】

「GO-ONライブ」 4月30日 大阪・八尾市で

 ダウン症のある大音敦さんが参加する「ゆうとおんバンド」など5組が出演する『GO-ONライブ』が4月30日(月・祝)、13時30分から開催されます。場所は八尾市文化会館プリズムホール。料金は1000円、障がいのある人・介助者は500は円です。料金は当日、受付で。【→詳細は本文】

企画展「熊本学園大避難所の45日」 5月6日まで神戸で

 熊本地震から2年。神戸市中央区にある「人と防災未来センター」では4月10日(火)から5月6日(日)まで、企画展「熊本震災と障害者を受け入れた避難所-熊本学園大学・激動の45日-」を開催しています。4月21日(土)には、同大学の花田昌宣教授らを招いてのセミナー(要事前申し込み)も開かれます。問い合わせは、同センター 電話 078-262-5050。いずれも無料。【→詳細は本文】

熱いパフォーマンス ONE+LOVE WORLD関西 

 「世界ダウン症の日2018〜ONE+LOVE WORLD」が、3月25日(日)、大阪・天王寺のあべのキューズモールで開催されました。ダウン症のあるダンサーが歌とダンスを繰り広げる「LOVE JUNX」のステージを皮切りに、PaniCrew、Leadなどアーティストが会場を盛り上げました。【→詳細は本文】

こどもへのソーシャルスキル 5、6月大阪医大で学習会

 「低学年の子どもへのソーシャルスキル指導」についての学習会が5月11日(金)、25日(金)、6月8日(金)の3回、大阪医科大LDセンター(高槻市)で開かれます。社会で生きていくうえで必要な「人と関わる力」は、どのようにして身につけていくのか、何をどう教えていけばよいのかを家庭を中心に考える学習会です。参加費は各3000円。5月11日(1回目)の締切りは9日(水)。申込みはFAXで。大阪医大LDセンター電話・FAX072−684−6236まで。【→詳細は本文】

旧優生保護法下の強制不妊手術 国家賠償請求の動き

 旧優生保護法(1948~96年)の下で強制的な不妊手術を受けさせられたとして、2018年1月30日、宮城県内の60代女性が初めて国家賠償請求訴訟を起こしました。4月には東京都に住む70代の男性が訴えを起こす見通しです。障がいや遺伝性の疾患を理由に手術などを受けさせられた人たちは、記録に残るだけで約2万5000件とされています。【→詳細は本文】

子育て手帳『+Happyしあわせのたね』 無料で配布中

 公益財団法人日本ダウン症協会(JDS)が、成長がゆっくりした子ども向けの子育て手帳『+Happyしあわせのたね』(企画・制作=21+Happy)を発行。協会の会員、非会員を問わず無料で配布されています(要送料負担)。また、JDSのホームページ( http://www.jdss.or.jp/tane2017/ )からPDF形式で閲覧でき、ダウンロードも可能です。【→詳細は本文】

4月号発行 ダウン症協会会報「JDSニュース」

 日本ダウン症協会の会報「JDSニュース」4月号が発行されました。内容は、「3歳までのお子さんと保護者のつどい」のご報告、図書紹介『マルコとパパーダウン症のあるむすことぼくのスケッチブックー』、2018年版ダウン症啓発ポスターモデルのみなさんのご紹介ほか。入会案内は同協会サイト http://www.jdss.or.jp/。【→詳細は本文】

【リンク集】新出生前検査(NIPT)関連の報道まとめ

 新しい出生前検査(NIPT)の関連記事を集めました。読売新聞が2012年8月29日付朝刊1面トップで、「胎児がダウン症かどうか99%以上の精度でわかる」と報じて以降の動きをまとめています。【→詳細は本文】

新型出生前検査「一般診療」に 日本産科婦人科学会

 新型出生前検査(NIPT)は「臨床研究」から「一般診療」に切り替わることが正式に決まりました。日本産科婦人科学会(日産婦)が3月3日の理事会で決定したものです。毎日新聞などは「実施施設が増える見通しだ」と報じています。こうしたなか、京都市では、3月10日午後2時から「NIPT実施拡大阻止集会」が市民の手で開催されます。【→詳細は本文】

新出生前検査が90施設に 2施設追加、1施設抹消

 日本医学会は新出生前検査(NIPT)の臨床研究認定施設として、2017年12月に名古屋第二赤十字病院を認可、旭川医大を抹消、2018年1月に順天堂大付属静岡病院を認可したと公表しました。同研究施設はこれで36都道府県の90施設になりました。3月に入ってホームページを更新し公表しました。【→詳細は本文】

公開講演会「就学迎え大切なこと」 70人が耳傾ける

 3月21日世界ダウン症の日に、奈良市総合福祉センターでJDS奈良北支部主催の公開講演会が開催されました。「知的障害のある子どもたちの成長を見つめて」をテーマに、長年知的障がいのある子どもたちと過ごし支援してきた県立奈良東養護学校・教頭の川合浩司さんが語りました。

『世界ダウン症の日写真展』 盛況のうちに閉幕

大阪・西区の大阪市立中央図書館で行われていた『世界ダウン症の日写真展in大阪2018』が、4月11日午後、閉幕しました。これまでで最長の26日間の会期中、48点の応募写真が展示され、多くの関係者や市民が来場しました。3月21日に行われた「ダウン症の日フェスタ」は、約330人の来場者で賑わいました。【→詳細は本文】

城みさをさんのインタビュー 地震で放送延期に

 NHK『ラジオ深夜便』で4月14日(土)早朝に放送予定だった、今年1月に亡くなったさをり織りの創始者・城みさをさんのインタビューは、北海道の震度5弱の地震ニュースのため放送が延期になりました。放送日が決まり次第あらためて告知されます。【→詳細は本文】

 

 

「熊本学園避難所の45日」展

2018-04-07

 

子育て手帳配付中

2018-03-27

 

ONE+LOVE WORLD関西

2018-03-25

 

城みさをさん語る会

2018-03-04

 

城みさをさん偲ぶ会

2018-03-24

 

ダウン症の日フェスタ

2018-03-21

 

ダウン症の日写真展

2018-03-21