ダウン症の日講演会 奈良市総合福祉センターで3月26日

 JDS奈良北支部が、3月26日(日)、奈良市総合福祉センターで、公開講演会「基礎から学ぶ動作法-動作が不器用な子ども達に寄り添って、講義と実践-」を開催します。講師は大阪大谷大学教育学部特別支援教育専攻教授の小田浩伸さん。参加費は資料代500円と子ども1人につき保険料100円程度、事前申し込み必要。申し込み、問い合せは同支部 jds.narakita@gmail.com まで。【→詳細は本文】

​3月25日、26日 神戸で世界ダウン症の日ダンスイベント

 3月25日、26日に神戸市で世界ダウン症の日制定記念チャリティーダンスイベント「Universal Fitness Project vol.7」が開催されます。ダウン症児者等対象の無料体験ダンスレッスン、ダウン症についての講演などが予定されています。【→詳細は本文】

食べる機能の発達とその支援 3月26日広島市南区で講演会

 3月26日(日)、広島市南区地域福祉センターで、講演会「食べる機能の発達とその支援」が開催されます。主催はダウン症児サークル「smile」、参加費は講演会1500円、摂取指導700円。どちらも事前申し込みが必要。ダウン症以外の疾患などをお待ちのご家族や医療・福祉関係者の参加も歓迎しています。問い合せ・申し込みはメールsmile21hiroshima@yahoo.co.jpまで。申し込み締め切りは3月24日(金)。【→詳細は本文】

エミー賞のドキュメント番組 3月28日までAbemaTVで

 2016年、米エミー賞を受賞したダウン症の若者たちを追ったドキュメンタリー作品『Born This Way』が、3月21日(火)から28日(火)まで(土・日除く)、いずれも22時からネットテレビのAbemaTV「REALITY SHOWチャンネル」で放送されます。第1シーズンの全6話。放送URLは、https://abema.tv/。【→詳細は本文】

生中継で紹介「世界ダウン症の日写真展」 ABCラジオ

 3月22日午後、ABCラジオ『武田和歌子のぴたっと。』で、開催中の「世界ダウン症の日写真展」が生中継で紹介されました。会場の模様や、出展者の声が紹介されました。1週間後の3月29日までは、パソコンやスマーフォン上のradiko(ラジコ)の「フリータイム」で聴取できます。URLは、http://radiko.jp/#!/ts/ABC/20170322150000 。【→詳細は本文】

アッシュモアさんが国連でスピーチ 世界ダウン症の日

 『世界ダウン症の日』の3月21日、アメリカ在住のアッシュモア英玲奈(えれな)さん(30)が、アメリカと生まれ故郷の日本を代表して国連本部でスピーチを行いました。テレビ朝日の『報道ステーション』が報じました。アッシュモアさんは、エミー賞を受賞したアメリカのリアリティ番組、『Born This Way』に出演しています。【→詳細は本文】

フランスのセガールさん 念願の天気予報に出演

 ダウン症のフランス人女性、メラニー・セガールさん(21)が3月14日、仏国営テレビ「フランス2(France2)」の生放送で天気予報に出演しました。AFP通信は、ダウン症への理解を求める啓発運動を行う目標を達成し、障がい者として新たな境地を開いた、と報じています。【→詳細は本文】

世界ダウン症の日写真展 4月5日まで大阪市立中央図書館で

 『世界ダウン症の日写真展 in 大阪 2017』が、3月17日(金)から4月5日(水)まで開催されます。会場は昨年に続き大阪市立中央図書館1階ギャラリー。日本全国から寄せられた、ダウン症児者の日常をとらえた写真約100点を展示します。入場・観覧無料。20日(月・祝)には、講演や演奏などのイベント「ダウン症の日フェスタ」が行われます。【→詳細は本文】

ダウン症の日フェスタ 講演会やワークショップにぎわう

 3月20日(月・祝)、大阪・西長堀の大阪市立中央図書館5階で第2回「ダウン症の日フェスタ」が行われました。当日は、およそ340人の来場者があり、講演会やワークショップ、パフォーマンスなど、どの企画もたくさんの参加者で賑わいました。【→詳細は本文】

「世界ダウン症の日公式サイト」 日本ダウン症協会が情報発信

 3月21日は「世界ダウン症の日」。公益財団法人日本ダウン症協会(JDS)は、日本各地で行われる関連イベントの情報を、「世界ダウン症の日公式サイト」http://www.jdss.or.jp/321/から発信しています。【→詳細は本文】

『わが子がダウン症と告知された81人の“声”』 3月下旬発売

 赤ちゃんがダウン症だと告知された母親・父親、81人の手記を集めた自費出版の冊子が3月下旬に発売されます。2013年に発行した「わが子がダウン症と告知された87人の“声”」の第2集。今回は81人が寄稿しました。1冊700円(送料別)。予約申し込みはhttps://ws.formzu.net/fgen/s11649004から。【→詳細は本文】

【リンク集】新出生前検査(NIPT)関連の報道まとめ

 新しい出生前検査(NIPT)の関連記事を集めました。読売新聞が2012年8月29日付朝刊1面トップで、「胎児がダウン症かどうか99%以上の精度でわかる」と報じて以降の動きをまとめています。【→詳細は本文】

【編集部】みなさんの情報をお寄せください

 編集部では、ダウン症の情報を中心に、知的障がい、発達障がいなどに関する情報を集めて、掲載していきたいと考えています。どんな情報でも、 [情報提供フォーム] からお寄せ下さい。【→詳細は本文】

図書紹介 『ダウン症児の学びとコミュニケーション支援ガイド』

 医学書出版の診断と治療社から『ダウン症児の学びとコミュニケーション支援ガイド』(玉井浩、里見恵子・編集)が発行されました。ダウン症児の特徴を理解し、学び・コミュニケーションを支援するための療育、とりわけインリアル・アプローチの基礎から実践までが解説されています。2016年8月発行、価格は2500円+税。【→詳細は本文】

新出生前検査79施設に 榊原記念病院も

 日本医学会は新出生前検査(NIPT)の臨床研究認定施設として、2016年12月に新たに榊原記念病院(東京都)と富山大学医学部附属病院を認可したと公表しました。同研究施設はこれで35都道府県の79施設になりました。北陸3県では初、東京都内では16施設目の認可になりました。【→詳細は本文】

 

 

ダウン症の日フェスタ

2017-03-20

 

3月21日は世界ダウン症の日

2017-03-21

 

世界ダウン症の日写真展

2017-03-18

 

ダンスとパーカッション

2017-03-20

 

3月17日からダウン症の日写真展

2017-03-17

 

ヘルマンハープの音色

2017-03-20

 

3月は「ダウン症啓発月間」

2017-03-21